お金借りるということ

ネガティブに聞こえるようですが、ローンという形で私たちの身近にある「お金借りる」ということ。
車や家、まとまったお金が必要な時に分割で払えてとても便利です。
手が届きにくいものを届きやすくしてくれるということ。
ちゃんと計画を立てて使うことで可能性は広がります。
例えば教育資金などを新生銀行などの大手銀行などから借りること。もし手元にないからといって進学をさせないなんて夢の芽を摘むようなもの。
結果そのほうが一生の収入が変わってくるかもしれない。
長い目でみてなにが必要かを考える。
そして職についてから返す。そういう目標、計画もできる。
株式会社なんてまさにそうだ。株主から借りて資金を増やしていく。
お金借りる。賢い人はそれでどんどん進化していく。頭とはさみは使い用なのである。
お金借りるイコール悪いなんて古いか、賢くない場合だ。
たくさんの人がもとめて出来たそれを否定ばかりしてはいけない。
一時的にだけ困るということがいつか私の身にもおこるかもしれないのだから。

このブログ記事について

このページは、pjが2013年3月31日 23:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モビットでは様々な借金返済ができます」です。

次のブログ記事は「epller」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。